誰もがカンタンに身に着けられるモテ要素とは?

女性のタイプにもよるが概ね当てはまるテクニックというか条件のひとつに会話の引き出しが多いか少ないかというものがある。

例えばファッションの流行や芸能人の話など、女の子同士で話題になりそうな会話ネタにもついていけるかどうかは大いなるモテ要素になる。

もっともオタク的な知識だったり、ちゃらい感覚でのネタでは逆効果になるケースもあるので使い分けが重要だが、これらはテレビから情報を仕入れるだけでも充分な知識が身につくのでチェックしておきたいポイントだ。

そもそも初対面の相手に抵抗感を持たせずに打ち解ける手段としてスムーズな会話が有効なのは言うまでもない。

いきなり趣味や仕事などの個人情報を聞き出すよりもガードを解くのも早い。

キーワードは女性の視点から見た「〇〇が好き」に関連した芸能人やファッションに限らずグルメだったり漫画やドラマでも話を広げられるかどうか・・。

もちろん安価にテレビだけで情報を得るよりもモテたい気持ちが強ければ投資をするのも悪くない。

決してそれだけがモテ要素という訳でもなく、あくまでもバランスが肝ではあるけれどもルックスを磨くことに比べれば容易に身につくことは理解できるだろう。

ただし、知識が豊富であるがゆえに失敗してしまう実例もある。

それは、相手の女性が興味を抱いているか?

関心を持っているか?

ここを無視して知識をひけらかすように延々とトークを続けても気を引くことはできない。

パーフェクトに情報を仕入れることなど不可能に違いないが、自分のポテンシャルに合わせて、ある分野において強みを持つとチャンスも広がるというものだ!

進化する寺コンに群がる仏女達の心理を分析すれば晩婚化の解消につながる?

仏女なんていうと尼さんの事かと思ったら歴史や仏像に高い関心を持つ女性の事らしいが、この仏女をターゲットにした寺コンビジネスが開催されることになった模様。
もっともこの度は寺が主催となっている訳ではなく、僧侶の晩婚化や独身化から後継者問題を懸念した宗派の大本山が結婚相談所と共同企画で男性僧侶の嫁さんを募集したら予約が殺到したという話。
しかも募集定員を大きく上回る盛況ぶりで追加の開催も検討しているのだとか?
嫁入りしたい男性の職業上位に坊さんがノミネートされることは少ないと思うが、仏女達にしてみれば趣味?も合うし下手なサラリーマンよりも安定した職に就いている男性と映るのだろうか?
いずれにしても嫁不足に悩む寺院関係者と仏女の間の需要と供給バランスがマッチしたことは間違いない。
但し今回は鎌倉でも有名な名刹がらみの募集であるだけに宗派や土地・規模などが違えば反応も異なることが予想される。
寺院の後継者不足は全国規模の問題であり、実際にそれが原因で消滅した寺も少なくない。
もっとも江戸時代までは僧侶の結婚はご法度であり、仮に妻帯した場合は破戒僧と呼ばれたりしていたし、今でも中国や台湾の僧侶は妻帯していないらしい。(自分では未確認のため)
しかし別にやかましいことを言いたい訳でもなく、視点を変えれば悩みがうれしい悲鳴に代わることもあるというケースに学び、僧侶に限らず晩婚化・独身化を問題視する世界に身を置くなら一考の余地があるかもしれない?

寺社コンが人気の理由

寺コンとは寺が中心になって男女を結び付けようとする婚活パーティーのことで数年前から全国各地で静かなブームを呼んでいるのだとか?
その秘密は何処になるのか少々気になったので調べてみた。
そもそも寺が中心になって婚活なんていうと新手の信者獲得手段と思うのが定石だが、下心はともかく(失礼)闇雲に会員を募るのではなく、入会には直接面談が必要との事。
なるほど、流行りのネット婚活サイトでは見抜けない人物を確かめるのが目的だろうか?
ネットだと気楽な反面、遊び半分で登録する不届きモノや婚活目的ではなく邪な考えを持つ輩も集まるのでフィルタリングをしているのか?

この点に関しては例え大手の結婚相談所であっても営利目的では判断しかねる部分をチェックしてもらえるかもしれない?
僧侶であることを人物の評価に加味しない(僧侶を聖職とは思わない)自分であってもそう感じるのだから一般的なイメージとしては信用できる職業の従事者なのだろう。
特徴としては、とにかく費用がかからない点で、一般的な結婚相談所の様に入会金や紹介料などといった荒稼ぎはしていないらしい。
1回3,000円程度の参加費用は妥当であるし無料であればアホな奴らも呼び寄せるので料金は必要。(料金は寺によって違う)
しかも坊さん自ら恋の悩み相談にも応じてくれるという徹底したサービスぶり!
いわゆる街コンとか婚活パーティーとの大きな違いといえば酒の勢いで場を盛り上げる演出がメインの前者とは違うということだろうか?
座禅とか写経などを取り入れるケースもあるようだが、毛色の違ったサークル活動の要素を取り入れることで差別化を図っているのかもしれない?

血液型でオンナを口説くマニュアルに思う

先日ググっていたらこの様な指南書が目に付いた
昔から血液型の相性については色々論議されているが、あるいは四柱推命のように統計に基づいたものなのか、それとも単なるこじ付けなのかは知らないが希少な血液型の自分はしばしば奇行を指摘されることはある。
ただ、それにしても血液型を明かしたら「やっぱり」といわれる程度で誰が見てもAB型という訳ではなさそうだ・・。
自分としても女のタイプについては、ある程度のフィルターは持っているが血液型に注目したことは無く判別もできないしやらない。
あまりにも先入観を持ってしまうと個々人の長所も短所も見えなくなる怖れがあるからでもある。
それに自分とは相性が良くないと言われる血液型の相手にも死ぬほど惚れたこともあるし、惚れられたこともあると自負している。
断っておくが血液型マニュアルを否定するつもりは無い。
ただし、読んでみると、いともカンタンに落とせるの様な表現を使っている段階で胡散臭い感じは否めない。
ひねくれ者といわれそうだが、いともカンタンな相手を落として何が楽しいのかが理解できず自分とは共感できないかもしれない。
改めて断っておくが、この著者について全てを否定するつもりは無い。
自分とて世界で一番のナンパ師でもないしナンバーワンの出会いマスターを気どるつもりもない。
だが、共通点は血液型だけとしたら生きてきた年代や地域、生い立ち志向などについての違いをどの様に克服するのか?
女の多様性などマニュアルにしたら人口の数だけ必要な気もするし、相手本意では身が持たない。
究極は相手にとって自分が必要な存在になることが難しい血液型の相性に振り回されない秘訣ではないかと言うのが出した結論になる。

いまさらだけど確認しておきたい事

さて、そもそもが女の心理学を学ぶ前に見直さなければならないことがある。
言い換えれば基本的な部分だが特に女に嫌われる男の特徴は抑えておきたい。
まずは容姿だが、こればかりはどうにもならない部分もあるとはいえ可能な範囲であれば改善も図りたいところだ。
例えば顔に自信が無いからといって整形というのは現実的ではない(不可能ではないが上手く行くとも限らないので)。
しかし体型の場合は動機があるのなら継続することで改善も可能。
身長についてはさすがに難しいが体重というか太っていることを気にするのであれば無理のない範囲でのダイエットは有効。
しかし、こうした身体的特徴を改善する前に見直すべき点もある。
それは不潔であってはならないということで女でなくても社会的にも嫌われることは必至になる。

容姿については好き嫌いもあるが不潔な男性が好きという女性には遭遇したことがない。
身なりについても高級なものを身にまとう必要はないが古くても清潔さだけは保っておきたい。
次に容姿になるが、ぽっちゃりよりも痩せ型でおなかがぽっこりのほうがウケが悪いようだが、これは姿を想像してもらえると理解できると思う。
要するに太っていること自体は問題なくても、みっともないのはNGということで、もしも該当するのであれば改善を図りたい。
以上は見た目のことになるが内面についても決定的にNGと思われるところは普段から改善を心がけたい。
性格で嫌われるという要素はいくつもあるが、それを補える長所があるのなら帳消しにもできる。
ただし何事も度が過ぎると救いようがない。
細かくいうと「神経質」「マザコン」「面倒くさがり」「言い訳」「しつこい」などが挙げられるが特に注意したいの女の過去についての詮索で、そこまで拘るのであれば生涯独身を貫いたほうが良いかもしれない。

AD:メールレディ ファム 口コミ

間違いだらけのメールテクニック

女性にメールを送る場合にウケを狙っているのか親しみをアピールしたいのかは定かではないが、逆効果で嫌われてしまうメールを送ってしまい思いが遂げられなかったという悲劇のお話。
実は多くの男たちがこの間違いを犯しているのだ!
特に知り合ったばかりの女性に対してメールを送るということは狙った相手に対してのアピールに他ならないだろうが、お近づきになるどころか徐々に不快感を与えて最後には嫌われてしまう。

たかがメール、されどメールという訳だ。
俺は絶対に大丈夫などと安易に考えずに一つでも思い当たるフシがあるのなら即座に改めてもらいたい。
では、以下にその実例を挙げる。
・絵文字を多様したメールを送っている。・・・実は若者のみならずオッサンに多いのがこの手の間違えで気持ちが若いことをアピールしたいのか意味不明なほどの絵文字を混ぜ込んでいる失敗も見受ける。
よほど仲良くなってからなら多少は問題ないが始めのうちは使わないほうが印象が良い。
・自分がメールを送りたいときにメールをしている。・・・普通と思われがちだが相手がメールをもらいたいタイミングに合わせるほうが効果的、反対にメールをもらって迷惑なタイミングだと開封すらされない。
・下ネタ・エッチトークを話題にメールをしている。・・・直接の会話であれば問題の無い内容でもメールとなると嫌われるのがこの手の話題。
これは結構打ち解けてからでも嫌われるもとになるので肝に銘じたい。
他にも多々あるが、男と女ではメールをするにも不文律があると考えておこう。

聞き上手の勘違い

聞き上手は会話上手という言葉があるが男女間においては単純に聞くだけでは女性の共感は得られない。
特に聞くだけだからといって何も言わずに頷くだけでは自分の思いは伝えられない。
時にはリアクションも必要だし、全てに同意するだけではなく自分の意見を挟むことも必要になる。
あくまでも男女間の、そして恋愛にまつわる場合に限定して言うと質問の出来ない男は聞き上手とは思われない。
付け加えると質問の仕方についても間違った方法を採用している男の多いこと・・。
例としては「住まいは何処?」「仕事は何してるの?」「趣味は、家族は?」・・・・。
これでは興信所の身元調査か警察官の職務質問にさえ思われてしまい、すくなくとも女性にとって、気持ちの良い質問には聞こえていないはずだ。
要求されているのは聞かれて楽しい質問であり会話の広がる質問になる。
しかしまだ勘違いを続ける同士たちのために付け加えておくと、話のネタがたくさんある場合に自分のことだけひたすら話しまくるのはNGということ。
そもそも聞き上手なんてのを調べるのは話しべたに多いのだが面白いネタをもっていると、ついつい話をしたくなる。
だからあえて付け加えておきたい。
キャバクラでは通用するかもしれないが、普通の男女間で打ち解けるまでには自分の話題は1割でよい、残りは彼女を中心とした会話に徹底するべきだ。
自分のことなど相手が興味を持ってくれたなら矢継ぎ早に聞かれまくるだろう。
取って置きのネタを披露するのはそれからでも遅くはない。

男とは思われていない良い人

あなたは良い人と言われて嬉しくない男は少ないと思う。
しかし、悪人と言われるよりはマシかもしれませんが恋愛がからむ男女において良い人というのは別の意味が潜んでいることの方が多くなります。
いわゆる「典型的な良い人」ということです。
良い人はデートには応じてもらえるかもしれませんが真剣に恋愛の対象としては見てもらえないかもしれません。
しかし、それに気づかずにお金と時間と労力をつぎ込んでしまうのも良い人の特徴です。
女性にしてみれば自分にとって都合の良い相手、便利屋さんのような相手が良い人なのです。

「良いお友達でいましょうね」なんて言われたなら間違いなく恋愛の対象とは思われていない証拠で関係が深まることは深まることは皆無といっても差し支えないだろう。
反対に危ない男と思われたほうが彼女が恋に落ちる可能性は大きい。
ところが嫌われたくないがためにひたすら良い人を続けてしまうのもこのタイプで悲劇は継続されるのだ。
また、笑えない話なのだが、オンナに貢ぐために財産を失うばかりか会社の金を横領してしまったなどの実話もあるほどに良い人の行く末は暗い・・。
では、そんな良い人から抜け出すのにはどうしたら良いのかということだが、自分のアプローチに変化を付けてみることだ。
変化とはいっても180度では論外で、数値で表すなら10度程度が良いかもしれない。
様々なアプローチで10度の変化をつけてみると彼女の反応の違いに気が付くだろう。
もちろん全ての反応が良い方向とは限らないが、彼女の喜ぶことと、そうではないことの見分けが付いたならしめたもので、どの様なアプローチが恋愛に発展するのかの手がかりにはなるだろう。

秘策・・・NO2を指名してNO1を狙え

どんな店にもNO1もNO2も存在する。
これは競争心をあおる事で店にもメリットが生まれるからだが同時に弊害が生じる場合もある。
それはライバル心を燃やすために競争の範疇を超えて、お互いの活動を妨害するという結果になって現れる。
特に常連客が来た時にふさがっていた場合など店側としても粗相の無いようにと気を使うがヘルプでさえも手が一杯であればライバルと知りながら間を持たせることも少なくない。
例えばNO1のヘルプとして謀らずもNO2が接客したときなど、客にしてみれば新鮮にも映るから次回には指名される場合もある。
これがよく言う「客を盗った」のトラブルに発展する訳だ。
両者の間に途方も無い開きがあれば競争心も沸かないが、わずかな差であれば虎視淡々とNO1の座を伺うのがNO2になる。
もちろんNO1もそれを知っているからうかうかはしていない。
初めて来店した客が上客である事を悟れば何としても自分を指名する固定客にしようとあの手この手を使う訳だ。
その反面、大した客ではないと判断したなら指名されてもヘルプまかせで身を入れた接客もしないだろう。
しかし、ここからがNO1を落とすためのテクニックになるので、しかと認識してもらいたい。
NO1というのは普段から指名されることには慣れている。
そして初回の客が自分を指名したとしても当然とさえ思っている場合が多い。
ところが、最初に指名されたのが自分ではなくNO2であったらどうだろうか?
激しい嫉妬心が生まれるのは間違いない。
そして、NO1のキャバ嬢にとってもアナタは気になる存在になるはずだ!
こうなってからが勝負になる。
NO2を指名して延長あるいは繰り返すことでNO1の心中は穏やかではない。
ころを見計らってNO1に指名替えすれば後はアナタの腕次第になる。
ちなみにではあるがNO1よりもNO2のほうがアフターにはOKをもらいやすい事を付け加えておきたい。

ワクワクメメール パパ活

イソップ童話に学べ!北風さんより太陽さん

そもそも今回の目的がアフターに誘うことだからといって強引にそれを要求するのでは引かれてしまうだろう。
アフターが食事の場合に受け入れられやすいのは彼女にとって「お腹がすいた」「仕事の帰りに食事をしたい」という欲求があるためで、もしもキャバ嬢がてら客と一緒に腹を満たしていれば、そこに必然性はない。
しかし、それでもお茶の一杯、あるいは帰宅前に息抜きをしたいという場合もあるだろう。
この時に同行する相手として同僚を選ぶかアナタを選ぶのかは彼女にとってどの様な存在になれるのかという可能性にかかっている。
例えば彼女が日ごろから抱えている問題を解決する糸口を知っているとか彼女が知りたい事柄について幅広い知識を持っている場合などは頼もしい存在になれる訳だ。
腹が減っているときに食事をご馳走するのも「その場限りの太陽さん」とも言えるが前述したようにタカられてお終いというケースが多いから武器としては他の方法をオススメしたい。
それが名付けて「北風さんより太陽さん」の作戦になる。
ここで言う北風さんとはどの様なパターンか?
「オレに指名して欲しければ、これからアフターに付き合えよ!」
「アフターを承知してくれれば毎日でも通うから・・」
上記のようなケースは彼女達の「稼ぎたい」「お金が欲しい」という要求には応えても本質的な部分については解決できていない。
確かに頼もしい存在であるかもしれないが結局はタカられるという惨めな結末が待っている。
そうではなく彼女の奥底に潜む本質的な問題を解決できることが太陽さんの存在になる。
悩みを聞くのも太陽さんに当たるが「身内が急に病気になって治療費が必要になった」などという創作物語を聞かされるようになったときの対処法は考えておきたい。

諦めるな第一印象が全てではない(意外性で勝負)

キャバ嬢が接客業だからといって蔑んだ目線で見ているようでは嫌われる。
そもそも誰かに迷惑をかけている仕事であったり、著しく脱法行為を犯さないのであれば「稼いだ者勝ち」というのが自分の意見だ。
時に稼いでいる相手に対して批判を浴びせる輩の中には嫉妬が存分に混じっている事が多く、はっきり言えばみっともない。
さて話が逸れる前に本題にうつろう。
これは男女ともに言えることだが第一印象の良い者もいればそうでない者もいる。
会話を始めるにしても、取っ掛かりが必要だが、もともと女性との会話が得意でない場合は最初に悪印象を与えてしまう事もある。
誰に対してもこの様な印象を与え続けているのであれば人間修行をやり直す他に道はないが、たまたま最初の印象が悪かったからと言って悲観することは無い。
言い換えればピンチこそチャンスと捉えたい。
例え悪い印象であっても何らかの意識はされている訳だから彼女の記憶にアナタがインプットされたことは間違いない。
であれば、その印象をくつがえすだけの武器があれば一気に好感度もアップできることになる。
もちろん泥縄的な手法では心もとないから、こうした武器は普段から身につけておく必要がある。
武器はひとつではない。
時には直球を、時には変化球を織り交ぜることで、より確実に好感度のアップが期待できる。
間違えてはならないのが印象を覆そうとしつこくせまる事。
基本的にしつこさが好まれるという可能性は無い。
押しの一手が成功するのは少なくともホンネでは嫌がられてはいないという前提があるからだ。

タカられているのをモテるのと勘違いするな!(食事だけしてさよなら・・・)

アフターに誘う口実としては食事が一般的だろう。
フトコロに余裕があれば別にイケ面である必要もモテ男である必要も無いが、期待されているのが財布の中身だけでは悲しいとしか言いようがない。
しかも相手が一人だけならタカが知れているが、便乗して複数のキャバ嬢たちが付録として付いて来る場合は「モテモテ」などと勘違いしてはいけない。
気を良くして大盤振る舞いを続けると遠慮のないリクエストを受けるはめになる。
普通アフターに誘う時間帯で食事が出来るところといえば深夜帯まで営業する居酒屋とか寿司屋、あるいはラーメン屋が一般的。
まれに焼肉屋もあるが、それとて支払い金額は知れている。
複数回誘ったとしてもさほどの痛みも感じないがエスカレートしてくると同伴に誘われるようになり食事の内容もレベルが違ってくる。
すなわち普段は口に出来ない高給料理を要求されることもある訳だ。
ここでもし経済的理由で拒否した場合には「ラーメン屋だけの男」と烙印を押されてしまうから下心を捨てきれない奴らは気張ってご馳走を続けることになる。
言うまでもないが、ここまで来たら完全に相手にされているのは財布である事を認識しよう。
たちの悪い女の場合は出勤前に寝過ごしたことの口実に同伴を持ちかけてくる場合もある。
この様な女にとってアナタは単に都合の良い相手でしかない。
少なくとも恋愛対象の男としては見られていない。
そうした事実を確かめるためには彼女の休日に映画だったりドライブだったり、いわゆる普通のデートに誘ってみることだ。
客はあくまでも仕事の範疇でのみの付き合いと考える女であれば喜んで返事をくれることは無い。

PR:メールレディ ファム 口コミ

キャバ嬢の意識変化と当ブログの目的

勘違いして欲しくないがキャバ嬢を特有のカルイ女として見ている訳ではない。
それどころか、ここ何年かの間にテレビドラマ「女帝」などで人気女優をヒロイン役に立ててスター扱いされた職業のため昔の様なマイナーのイメージも無く、女子大生たちの間では楽しく高収入を得るバイトとしても定着しつつある。
そして特筆すべきは彼女達の意識の変化だが、かつてのような「生活のために仕方が無く続けている職業」から華やかな夜の職業で「勤めれば自分も女優になれる」という明るい考え方になっているということだ。
つまり、仕事中に店の中では客にも媚を売るけれども一歩店の外に出れば誰もが簡単に相手に出来る女ではなくなってきた。
当然のことだが一部には以前と同様の意識を持ったキャバ嬢がいない訳ではない。
しかし、水商売を毛嫌いする一部の偏見の持ち主を除いては仕事を離れれば普通の女であることを知っている。
このような発展的な考えの持ち主であれば、以前よりキャバ嬢の信頼も厚く普通に男女の関係を楽しんでいる。
接客業という狭い空間ながらも数多くの男を見てきてやしなった彼女達の眼力は半端ではない。
ベテランになると一目見ただけで出世する男とそうでない男の見分けが付くという。
あたり前だが多くの場合は出世できそうな男のほうがモテるに決まっている。
一部のマニアの好みまでは理解できないが眼力のあるキャバ嬢を落とせるということは自分の将来を確認するためのバロメーターにもなりうる訳だ。

pcmaxxx新規登録.pw

色気もなく可愛げも無いのに男をその気にさせてしまうオンナとは?

古今東西オンナの武器といえば色気だったり可愛気だったりフェロモンを振りまけば初心い男ならイチコロでまいってしまうだろう。
これについては正当な論理で疑いようもないが真逆の手法を使いながら一定の成果を上げている恐ろしいオンナを紹介したい。
彼女と知り合うきっかけは、とあるビジネスのパートナーとしてだが、こちらの思惑とは裏腹に自称可愛げもなく女子力がゼロとの見解を持っているようだ。
リアルに見学をしたことが無いので彼女が美人であるかそうでないかは確認していない。
おそらくは一生会うことも無いかもしれないが想像だけはしておこう。
さて、本題に入りたい。
出会ったこともなく話すらしたこともないオンナに恋心を抱いて大金を貢いだ話は実在するが自分は彼女に大金は貢いでいないし騙されてもいない。
しかし、上手にコントロールされて今ある課題に率先して手を付ける羽目に陥ったことは何度もある。
あるいは自分の性分を見抜かれているのだろうか?
もしかしたら稀代の策士同様それなりのフェロモンをどこからか振りまいているのかもしれない。
恐るべき才能ともいえる。
この様なオンナが絵になる条件としては、やはり美人であることは必須
美人の悪女には昔からあこがれるという個人的理由だが、あるいは永遠に気が付かずにコントロールされるというならそれも面白いかもしれない。
永遠の嘘をついてくれ」は歌姫・中島みゆきの名曲だが騙されたままで死んでゆくのもある意味幸せなのかもしれないと過去を思い出してふと気付いた。

受け入れられる告白のタイミングとは?

気になる相手に手当たり次第に告白という蛮勇も自分には真似の出来ない行為ではあるが、ある意味賞賛に値する。
しかし、よほど恵まれた条件が揃わなければ地雷を踏む可能性もあり推奨はできない。
ここで言う告白とは最初のデートに誘うということではない
デートにも色々あるが、よほどガードが固いか嫌われていない限りは食事程度であればたやすく誘えるだろう。
ここまでは、わずかな踏み込みで可能だが問題はここからが勝負
大概は焦りが先で初回のデートで告白のタイミングを伺うからギクシャクして不自然な言動になる。
しかし、告白が受け入れられる男の場合は焦らない。
要は次回の誘いを断られない程度に相手に関心を持たせて楽しんでもらうことに集中する。
今では死語になった「押して押して押しまくれ!」なんて手法は場合によってはストーカー行為とも誤解されない。
これは相手が拒否するものを押し付けているだけの愚作とも言えるだろう・・。
では、どの様なときがベストタイミングと言えるのか?
簡単にいうと告白が必然であるかどうかが目安になる。
ぶっちゃけた話、告白など必要の無いカップルも存在する。
プロポーズの言葉を一度も聞かずに結婚した夫婦も存在する。
これらは無言のうち、あるいは交際の過程の中で改まった告白を必要としなかった例だが交際する事や結婚する事が必然であったから結果が生まれた。
つまり告白しようと思うならそれが必然である状況を作ることである。
決して焦ることなく、しかし間延びすることも無くチャンスを育てていけば必ずそのときは来ると言っておこう。

イケ面じゃなくても美人にとって気になる存在の男とは?

イケ面と美人がくっついたなんて、どこにでもある面白くも無い話だが、お互いに面食いだった場合を除いても一緒になる根拠はある。
そして、この根拠こそが美人にとって気になる存在になる手がかりであると言っておこう。
一般的に美人や可愛い系の女は家庭ではともかく外に出ると他人の扱いが違う。
特に男から見れば高嶺の花とか「自分にはそぐわない相手」などのように特別扱いをすることが多い。
声もかけずに「どうせカレシもいるだろうし、自分では無理だろう」と勝手に決め付けるのも悲しい男の性になる。
そのくせ、いつまで経っても叶えられない願望に欲求を膨らませながらため息をつく情けない野郎も少なくない。
「ここは当たって砕けろ」という玉砕精神も存在するが、どうせならチャレンジしてもらいたい手法がある。
まずは相手に「美人ですね!」とか「キレイ」「可愛い」の言葉を投げかけるのはご法度。
それでは彼女の周りをうろつく十把ひとからげの野郎共と同じになってしまう。
仮にだが相手が美人でもない女の場合はどの様に接しているだろうか?
まさか欠点を指摘するような愚かな間違いは犯していないと期待するが少なくとも特別扱いはしていないと思う。
この様に美人に対しても特別扱いをしなければ良い訳だ!
何故か?
美人にとって特別な存在になるためには大勢と違うアクションが必要になる。
だから誰からもチヤホヤされる美人にしてみれば特別扱いをしないことで気になる存在になるという論理。
それでは上手く行かないと罵る前に一度試してもらいたい。
注意点としては相手がコチラを意識し始めた時には普通の男の優しさも必要ということでタイミングを逸したらお終い。

人妻は美人であるほど不倫に走りやすいという根拠

とかく美人というのは得な面が多い。
少なからず美人であるというだけで受けられる恩恵は多い。
よほど性格に問題が無ければ顔だけで勤める事の出来る職業もあるくらいだ。
当然のように若いころにはもてはやされた記憶も多数あるだろうし
美人とかキレイと言われることには慣れているかもしれない。
先にも述べたが性格に問題が無ければ結婚前には引く手あまたということも経験している。
もちろん結婚したからと言って美人との賞賛が変わるわけではない
ご主人にしてみれば会社の同僚や友人達から「お前の奥さんは美人だな」と羨ましがられることも少なくないだろう。
しかし、一般的には人妻=他人の女になる。
ところが意中の美人を嫁にして有頂天なのも数年のうち
大方は子供が出来たことで愛情の鉾先が変わるから妻を女として見続ける男は少ない。
この様な図式は美人に限ったことではないが独身時代にもてはやされた美人であるほど過去とのギャップは激しくなる。
街を歩いて買い物をすれば美人と言われることはあるだろう。
しかし、恋愛対象の女とは見てもらえないのが殆どで結果として不満がつのる。
単純に考えるのであればホストクラブにでも通うだろうと考えがちだが美人はもてはやされる事には慣れていても反対の行動は苦手だ!
女として扱われることのなくなった美人はただの人妻になる。
しかも不満を抱える寂しい女であることは疑いようも無い。
ここまで説明すれば充分かと思うが決して敷居の高い相手ではなくなるどころか人妻というハードルにおいてはむしろ御しやすいと考えても良いだろう。
アバンチュールに憧れる人妻・熟女との割り切り出会いは実現可能だ!
かといって決して悪意のある接近を奨励している訳ではないことを付け加えておきたい。

http://xn--pbkze6c434mprl.xyz/

キライキライも好きのうちは本当か?

誰でも一度は聞いたことがあるかもしれない。
直接あるいは間接的に特定に相手に対して嫌いという表現で自分の思いを伝えるのは、その相手を気にしている証拠ということわざ。
ことわざの定義など調べる気にもならないが、ここで使っても罰もあたるまい。
意味は判ると思うので細かい解釈は省かせていただくが、はたしてそれは本当なのだろうか?
この答えはシチュエーションによって異なるし答え方によっても真逆の判断が必要だ!
例えば誰かが「あの男をどう思う?」と聞いた場合にさらりと興味がないとか具体的にこの部分が嫌いという返答があれば嫌いの部類と考えて間違いなし。
ところが「あの人のこと好きなんじゃない?」と聞かれた場合に必要以上に嫌いを連発する場合は気になる存在である事を示唆している。
嫌いと言われれば、一瞬は絶望的かと思われるかもしれないが、気になる存在であるということは大いに希望が持てる。
その証拠に表現として正しいかどうかは判らないが子供のころに気になる女の子にチョッカイを出すとか、ついいじめて泣かせてしまったという記憶が無いだろうか?
非難を覚悟して言えば、筆者にはかなりの記憶がある。
そして、どれも気になる存在の女の子であったことを否定できない。
今となっては推奨できる方法ではないが稚拙であっても相手の気を惹こうとしたアプローチの一種であった訳だ。
実はこれが女性の「嫌い嫌い」に相当する。
つまり気になる存在であるがゆえに他との区別をしながらこの様な言動になってしまったということを理解しておきたい。

PR:人妻熟女の高収入風俗求人

神待ち掲示板で出会える確率は無い

神待ち掲示板
長年出会い系を探していると、奇妙なものを見かける
それが神待ち掲示板と呼ばれているもの
実態の無い社会を詰め込んだ若しくは凝縮した世界になる。
私達が出会い系と呼んでいるものは、通常であれば、男女異性が登録をする
その後、男性は自分のお金を使って女性とコンタクトを取る
恒久的といえば大袈裟になるが、これが一般的な出会い系になる。
ところが、神待ち掲示板になると、実態が全く存在しない。
そもそも神待ち掲示板を、仮にネット上だけではなく、家の父親や母親
若しくは兄弟でも良い
URLを知っているのか?と尋ねれば十中八九知らないだろう。
私はこれをソーシャル現象と命名している。
ソーシャルというのは、SNS(social networking service)を指す
コミュニケーションだけではなく、仮想社会をウェブ上に展開しているサイトをSNSサイトと呼ぶ。
億劫な近所付き合いも無ければ、顔も知らない他人と、ネット上で生活をしている感じがする
実は、ソーシャルに関しては大きな問題点を抱えている。
それが、ソーシャルリアリティ化現象だ
realityとは現実味という単語になる。
つまり、バーチャル空間での噂が、本来であれば、起こりえないことでも、現実味を帯びてくる
最近の例で言うと、中国でのツイッター問題が挙げられる。
中国版ツイッターでは、あまりに嘘が拡散され、現実社会に大きな影響を与えた
そこで政府は、ツイッターでデマを流し、拡散した場合は、罰則を与えることとした。
デマの散布や誹謗中傷にあたるインターネット上の書き込みに刑事罰を科すとする「司法解釈」を発表した
現代社会の病巣になりつつあるソーシャルリアリティ化現象
まさに神待ち掲示板にも同じことが言える。
実態の無い社会に対して、リアリティを与える。
古くは都市伝説と呼ばれたものだが、形を変え現代社会に姿を現したモンスターであろう
<取材・文/朴栢明>

追うから引かれるが引けば追いかけられる。

まあ、女性が読めば反発されることは必至
誰でも同じだとは思うなとの厳しい反論を浴びせられるかもしれない。
言い逃れをさせていただくと自分は自称出会いマスターであり恋愛マスターではない。
線引きは自分でも難しいが解釈は賢明な読者諸君にお任せする。
押さば引け、引かば押せとは柔道などでも用いられる戦法のひとつ
これが男女の関係にもあてはまる部分が多い。
とかく余裕の無い男はひたすら女を追い掛け回す。
適度なレベルであれば嬉しく思われるとしても度が過ぎれば迷惑以外の何物でもない。
押しの一手という言葉もあるがアプローチの方法が多様化された現在ではマイナスという部分も多いだろう。
特に言えることは昔と違って通信手段が増えた現在、面と向かって言葉を発する事だけが戦法とは思われていない。
携帯の普及によって双方に問題が無ければ夜間も深夜も通話は当たりまえ。
そしてメールであれば24時間の受信が可能だ!
加えて言うとPCユーザーであればスカイプの利用も考えられる。
イメージとしてはテレビ電話およびリアルタイムのチャットが可能だ。
つまり、めったに会うことの出来ない一瞬にかける必要は無くなったということだ。
楽しい会話であれば24時間のうちで都合の良いときに連絡が出来てしまう。
この様な状況で押しまくったなら相手はどの様に感じるであろうか?
言うまでもないことだが望まれていない通信であればストーカーと認定される。
しかし、その様に戦略が稚拙な男であっても効果が期待できるのが押した後に引くという行為。
つまり押しを3回続けたら1回は引く
実はこれ「獅子は前三後一」というライオンが狩りをするときの戦法に学んだもの。
押すだけで嫌われるなら一度は試してもらいたい。

全国版人妻熟女の割り切り掲示板

意外と堅いバツイチ女性の心理とは?

離婚歴があるのに今更カッコつけてんじゃないよ!
ホントはオトコを求めてんじゃない?
その様にどこかでバツイチを蔑視するような気持ちで口説こうとするなら大間違いと最初に言っておきたい。
離婚の原因にも色々ある。
夫婦だっただけにどちらが悪いのかなどと判別するつもりは無いが、つまるところ夫に見切りをつけたか見切りをつけられたのかでも思いは違うだろう・・

一概には言えないが見切りをつけて別れた場合には男を見る目はいっそう厳しくなる一方で、より自分に見合った男性を探す傾向にある。
ただ、ここで間違えてはいけないのは見切りをつけた夫と同じタイプの男に対しては厳しいながらも見る目を養われたせいか柔軟性が生まれている傾向がある。
言うまでもないが離婚というのはある意味の大きな決断を必要とする。
場合によってはこれまでの人生の中で一番大きな決断を下しただけに女というだけではなく人間として熟成している部分もあるのだ!
そしてまた、見切りをつけたからといって決して原因を相手のせいにだけしている訳でもなくバツイチならではの優しさも持ち合わせている。
そして近年バツイチならではの包容力に魅力を感じる草食系男子も少なくないとか?
反面、彼女達の多くは再婚の意思などまったく無いというのが現状だ
確かに結婚よりも離婚の方が消費するエネルギーは大きい
そういう意味ではやっとの思いで離婚が叶い、せいせいしているのにあのような思いは二度としたくはないというのも本音のようだ。
しかし、そうした女達の中にも一時とはいえ楽しかった結婚生活の思い出はある。
しばらくすると結婚は考えていないが友達以上の関係でいられる男性を探し求めるようになるケースもある。
実は筆者は昨年この様な女性と知り合うきっかけがあり数回デートを重ねている。
ここで、どの様な関係に進展したかなどのありきたりな報告をするつもりは無いが偶然にも元夫と自分の出身地が同じということには因縁めいたものを感じた。

人妻熟女と秘密の出会い

ハイテンションの対極はローテンション

普段大人しい女が旅先で恋をする。夏の海辺で恋をする。スキー場で恋をする。
別に女に限ったことではないが開放感に浸ったお祭り気分で心の扉を開けるということはよくある話。
もちろん、海や山でなくてもそれなりの条件が整えば同様の開放感は有る。

ここで問題視したいのは冷静さのバロメーターが普段とは違っているということ。
つまり、受け入れる範囲が広角になっているため小さな点には寛容になりすぎているということだ。
これは、男女共に同じ。
だから後になって帰途についた時にだんだん冷めてくるという現象が生まれる訳で、浮かれ気分を抱いたままで数ヵ月後に再会したらイメージがまるで違うという悲劇とも喜劇とも言える物語が誕生する。
ではここから学べることは何か?
それは自分がハイテンションであるかどうかを自覚して相手も同様だとの判断が必要ということだ!
何も海や山で恋をするなとか交際相手を探してはいけないというつもりは無い。
現にそうした場所で知り合いながらも恋心を育み幸せな結婚生活をおくっているうらやましい夫婦も少なくないし
ハイテンションの溜まり場である飲み会で知り合ったベストカップルだって数え切れないほど存在する。
そうした方々は開放感に浸りながらも要所は冷静に相手と自分を見極めていたに違いない。
もちろん、これはどの様に付き合う相手であるかによっても考え方は違ってくる。
本当に行きずりの相手でお互いが同じ気持ちであればハイテンションまかせで成り行きということもあるが
どちらか片方だけがテンション高く、一方が冷静な場合は結果も見えているだろう・・。

鬼のような女にも潜んでいる少女性 

女心は多様だ!いやいや男心も相違は無いが・・。
ここでは普段、誰の目にも鬼のように映る女にも胸の奥に潜む少女の心があるというお話し。
職種にもよるが文字通り男勝りで涙など生まれたとき以外に流した事はないのではと感じさせる女がいる。
毅然としたまなざしで闊達な話しぶり、何事にも積極的で落ち込む素振りを見せない。
生半可な男には興味も示さず。
うかうかしているとハッパをかけられてしまう女傑。
それ自体を演じているのか?あるいはそれが本性なのか?

いずれにしてもスーパーウーマンである事には違いない。
しかし、その様な女にも少女の様な部分が必ずある。
そんな馬鹿なという方はそうした場面に遭遇していないだけの事だろう。
信じられないかもしれないが、それが真実だ!
つい先日、自分もその様な場面を目撃した。
彼女の名誉のために詳細は伏せておくが少女に戻るスイッチが入る事によって女は変わる。
そう、まるで180度の変身といっても過言ではない。
つまるところ、そのスイッチを入れる素質を自分が持っているのかどうかが彼女(鬼)を女として扱えるかのカギになる。
猛獣を調教などといっては彼女に失礼だが、どこか似たような部分もあるのかもしれない。
では何故、この様な例を出すのかといえばあなたが鬼の様な女に惚れてしまう可能性もありうるからだ!
そうなった時に相手が鬼のままでは恋は発展しない。
あらゆる角度から検証を得る事が確実だが彼女の弱点を知る事で早期にカギが見つかるかもしれない。

その信号を見逃すな!女はお前に口説かれたい

フェロモンという言葉を聞くことがあるが、それとは別に口説かれたいというサインを発する女がいる。
これは誰にでも送られる信号ではなく、ある特定の男に向けたものだから該当しない男が勘違いして近づいても相手にはされない。
問題なのはこの信号を見逃している男性諸君がいかに多いかということで女性の心理を勉強すればチャンスを逃すことも無いだろう。
では、どの様な場面でどういったサインが出ているのか
・長い髪の女が裾をクルクル回すのは自己アピールの現われ?
自己主張あるいは自己顕示欲の現われともいうこの仕草だがはたして本当だろうか?
自分はかつてこの様な仕草を繰り返す女を通勤電車の中で多数目撃したことがある。
なんとなく可愛らしい仕草だなと感じながらも
彼女の前には自分しかいないからこれは単なるクセだろうと気にも留めなかったが本当のところはどうだろう?
ある女性心理学者によると異性へのお誘い=性的アピールということもあるらしいが、状況的に複数の男の前でも繰り返す事が多く、どちらかというと人とのふれあい機会が少なく、自分に対して言葉をかけてもらいたいという心の現われの様な気がする。
事実、こうしたことを知ってから電車内で遭遇した、かの仕草を見せる女性に時間を聞いただけで表情が明るくなった。
これだけのことで、こっちも自惚れる気持ちは無いからそれだけで終ったが後日電車の中で再会したときにはお礼の言葉と簡単な情報を聞きだすことに成功。
通勤ルートが同じだけにその後もたびたび同じ場面に遭遇し、会話が弾むようになった。
これだけの事で複数の女について検証したわけではないが何がしかのサインであったことは頷ける。
この記事を書いている途中、テレビ番組で男を前にした複数の女の内の一人が髪をかき上げたときには『私を見てよ』というようなアピールだと断言していた。
それ自体が本当かどうかは自己責任で検証をおまかせしたい。

PR:メールレディをモコムで始める

女の下から目線は訴えの現われ。しかし、それだけで騙されるな!

上から目線の女には生意気というイメージしか感じられないが下からの目線には何かを訴える強い気持ちの現われを感じるものだ。
かくいう自分も若かりし日には下から目線に弱く、可能な限りなんでも受け入れていた気がする。
もちろん相手が純粋な少女のうちはこれでもほとんど間違えは無いが、ずるさもおぼえ始めた女の場合は警戒する必要もある。
もとより、それは真実かどうかは別にして降りかかる疑いを晴らそうとするなどの場合にはすがるように下から目線で釈明を図る。
なんともグッとくる気持ちはよく理解できるが冷静さを欠くとその後の後悔が待っている。
つまり女はオンナで男にアピールする手段をいくつも持っているということだ!」
だからといって、のっけから疑ってかかれということではないし判断を誤れば真実さえ見逃しかねない。
気になるあの娘の渾身をこめた真実の訴えを見極める事が出来なければ本末転倒だ!
じゃあ、どうやって見抜くの?ということになるがじっと見つめ返した時に顔を隠す、目線をそらすなどの場合は疑う余地があるし、目線の奥に笑いを感じるときには要注意!
ちなみに笑いと微笑みを混同してはいけない。
ただし、ここで勘違いしてはいけない事もある。
これはシチュエーションの問題だが目が合っても視線をそらさないからといって真実を訴えているとか自分宛に気があるなどと考えてはいけない。
この場合はまるで関心の無い相手だからこそ正視出来る訳でてれも恥じらいも感じないという気持ちの現れなので勘違いして口説くことなかれ。

オンナを賭けた戦い。勝利者はどっち?

勝負に勝ったら彼女はオレのものだ!
この様に勇ましい戦いを繰り広げる野郎達も少なくないとか?
当の女たちはモノでもなく、勝負の行方と恋愛感情は別のもの
その昔はケンカで勝負、時代も変わって色男にチカラが無いかどうかは定かではないが勝ったほうがブ男では選ばれた彼女も浮ばれない。
その他にもクルマでのスピード勝負など蛮勇を賭けた戦いが繰り広げられてきたようだがテレビドラマでもあるまいし、勝負の行方も彼女の行方も判らない。
特にクルマの場合は性能が勝利に大きく関与するため腕の良し悪しよりも経済的要素が勝負の分かれ目になることはF1レースを見ても明らかだろう。
しかし、どの様な勝負においてもオトコ達は真剣そのものというよりは頭に血が上った状態であるのに対してオンナは冷静だ!
つまり、そこで行われる勝負がオトコを選ぶ判断基準になりえないという場合がありうる。
それどころか敗者に母性本能をくすぐられて負けた方を選ぶという事さえ考えられる。
鼻から血を流し、こぶしの痛みをこらえながらやっとつかんだこの勝利に酔いしれる事も無く、うずくまったオトコに駆け寄るオンナを見て真の勝者は誰であるか問いただすまでも無いだろう・・。
この様に場面によってはライバルに対して優位に立つことがあくまでも事を有利に運ぶとは限らない。
稀な例であるが、バリバリ働く若手の有能な社員よりも自信の持てないダメリーマンの方が可愛くてモテてしまうという現象がビジュアルに関係なく起こりうるのだ!
あからさまではいけないが母性本能をくすぐる一面も必要だ。

ヘルシー志向の強いオンナの本音を見落とすな!

世の中に痩せたいとの願望を持つオンナは少なくない。
しかし、願望とは裏腹に実際に痩せられるオンナは一握り
同様にヘルシーというフレーズに思わず反応してしまうオンナも少なくない。
しかして、その実態は?
いつまでも美しくいたいというのは誰しも思っていることで、それ自体は男にとっても有り難い話。
世の中にはダイエット食品に痩せるためのグッズがあふれ
誰かが痩せたと聞けば同じ方法を取り入れようとする人々が殺到する。
ずいぶん前になるがテレビ番組で根拠も無く【納豆ダイエット】なるヤラセ番組が放映された。
根拠は無いといっても、実例や検証結果は演出されたから情報はあっという間に広がり、翌日からスーパーの納豆は絶えず売り切れ状態が続いた。
これほどまでに痩せたいという願望を持ちながら何ゆえに成功しないかというと話は単純で明解
特別な場合を除いて痩せるための行動を取っていないから。
もっと具体的に言うと痩せるための生活習慣(食事と運動)を必要な期間継続していないためである。
実はダイエット関連の商品が売れる事とヘルシー食品が愛好される理由の裏づけにはこうした背景がある。
つまり、いつまでも願望が叶えられないから満たされない部分を追い続けるという構図が出来上がっており、おそらくそれはこれからもいつまでも続く現象だと思う。
この事実から判ることは女達の心理の奥に痩せたいという気持ち以上に食べたいという願望が幅を利かせているということである。
つまり、ヘルシー志向と聴いて鵜呑みにするのではなく、塩辛いものや脂っこいものを食べたいのが本音と知っておくことだ!
だからといってオシャレな部分を見落としてはいけない。
ヘルシーという名のもとにボリュームをカムフラージュしていることが必要だ!

犯罪者心理に学ぶ。女はどこまで変われるか?

タイトルを見て勘違いしてほしくは無いが人はある日突然に変化する事がある。
潜在意識の現われという観点から見ると変化という言葉は当てはまらないのかも知れないが
魔がさした。豹変したなどの話を聴くことは珍しくない。
つい先日も小中学校の同級生同士の殺人事件が報道されたばかりである。
ここに引き合いに出して申し訳ないが容疑者を知る方々からは信じられないという言葉を一様に聞く反面
切れたら何をしでかすか判らないという言葉も聞くことが出来る。
以前は素行の悪い人間がそのまま大人になって犯罪を犯すという事例が定番だったが近年では成績優秀、
学校でもリーダー格の模範生が何かをきっかけに殺人の加害者となる事例が後を絶たない。
何が起きたのであろうか?
犯人を知る関係者達は異口同音にこの様に語るが多くの人間が持つ人格はひとつではない。
むしろ多様な人格の要素を持ちながらライフスタイルに合わせたり、希望する道のりに合わせて人格形成をしているというのが本当のところではないか?
つまり、何かをきっかけに潜在的な人格が現れたとしても不思議ではない。
そのきっかけとは恋をすることや危険に遭遇した時。
そして、キレたときは正に別の人格が顔を出し始める。
さて、ここまで書いたが自分は犯罪心理学の専門家でもないし犯罪者を擁護するためにこの様な記事を書いているわけでもない。
例え法に守られようと許すべきではない犯罪は何処かで毎日のように起きているし、当局の怠慢と甘さには辟易している。
しかし、ここで変化するという心理を別の角度から捉えた場合に、それは理想的な方向にも変化できる可能性を併せ持っている事が理解できる。
例えば、人に好かれる要素など持ち合わせていないと自覚している場合でも潜在的な要素の中には人気者になれる可能性も秘めている事が理解できるはずだ。
もともと善悪とは同居している裏表の関係で善が悪を、悪が善を望む事も多い。
よって、潜在的人格、潜在能力を引き出して180度変化することも現実になることは理解できると思う。
近ごろウワサされている神待ち少女などに遭遇した場合でも邪な考えなど持たずに冷静に対が出来るはずだ。
大人の女性の神待ち割り切り円光掲示板SNS
には真実の救いの手を待つ神待ち少女が存在しているはずだ!

三高は本当に有利なのか?

「結婚するなら三高よね!」
「一緒に歩いていても誇らしく感じるし」
この様に、お金に困らない生活は魅力的だからと、せっせと花嫁修業に励む女も少なくはないが
見合いならともかく、見かけだけでは判らない高学歴や高収入をどの様に調べるのだろうか?
残念ながら名刺には学歴までは記されていないし、勤め先が同じであればこれらの詳細も把握できるが肝心なのはその後の部分。
家族構成はどうなのか?
将来もこの会社に勤め続けるのか?
健康の状態は
親と同居する必要はあるのか?
この様に三高だけでは解決できない部分がいくつもあるのだ!
若いときには3高なんて関係なく、好きになったなら一緒にいられるだけで少々の貧乏にも耐えられるという意見もあるが
足長オジサンを求める少女も存在するから若くても女たちは現実的になっているのかもしれない。
さて、前述したアラフォーと女子大生の関係と3高を求める女達の間には共通したモノもあるが
今すぐを望むのか?将来を見据えるのかという違いはある。
では、ここからが問題の本質、三高は本当に有利なのか?
意見は分かれると思うがステータスとして付き合い一緒に歩いたり友人に自慢する事が目的なら間違いなく有利になることは真実だろう。
しかしだ!結婚後も長く一緒に暮らす相手と考えた場合は楽しく暮し続ける事が出来るかどうかが重要なポイントとなってくる。
見た目がカッコ良いとか金に困らないというだけでは楽しく暮せる保障はない。
しかも、金もカッコウも手に入れてしまえば飽きてくる訳で、限りない欲望はさらに次を望む。
3高であっても、男から見れば憧れの美女でも結婚して一年も続かないケースが多々あることを考えれば自ずと答えは出ているだろう。

今、何故アラフォー世代の男が女子大生にモテるのか?

近年、女子大生たちの間でアラフォー男性が人気とか?
親子ほども歳の離れたこの関係がどうして望まれるか考察してみた。
自分は大学生のころ理系ということもあり女性は全学で10名にも満たない程度だったので、こうした現象を目にした事はない。
しかし、当時に比べるとアラフォー男性と女子大生が接点を持つ可能性は格段に違っている。
まずはインターネットの普及で見知らぬもの同士が軽い気持ちでコミュニケーションを図ることも自然になって来ていること。
経済的構造の変化で晩婚化が進みアラフォー男性にも未婚が増えた事。
繁華街のあらゆるところに両者が行き来できる環境が整った事などがあげられる。
かつては女子大生とアラフォーが同じ場所で酒を飲む場所も少なかったのだが近年では珍しくもない。
以上の様なシチュエーションで接点を持った時に同世代にはないアラフォーの魅力に気が付き年齢差を無視した交際が始まるのだ!
さて、大学生や駆け出し社会人には無い40歳前後の魅力とは何だろうか?
経済的余裕・・・全てのアラフォーに当てはまる訳ではないが多くの場合は収入も若い世代とは比較にならず、ちょっとしたプレゼントにも糸目はつけないし一緒に旅行にも連れて行ってもらえる。
女子大生からすれば欲しいもの、行きたいところなどの願望をすぐに叶えてくれるのもこの年代だ!
性的余裕・・・社会人としてある程度の実績を持つ男であれば女に対しても積極的だがギラギラしていた若いときとは違い、そうしたときにも余裕が感じられる。
表現は悪いがいきなりむしゃぶりつくような事はなく時には静観、時には獣の如しというところだろうか?
経験的余裕・・・一般論ではあるが仕事、社会、恋愛においても経験値は高い。
また、いくつもの高い壁を乗り越えてきた可能性もあり、無難に生きてきた人間が無理と感じる事でも適切にアドバイスしてくれる可能性もある。
以上の様な余裕は経験の浅い同世代の男とは比べようも無く、願望を一気に叶えてくれる対象として選ばれているようだ。

ふられた女の弱みに付け込むのは卑劣か

ふられたての女くらい落としやすいものは無いなどと自慢げに語るやつもいるがそれ自体は間違いではないかもしれない。
ただし、良く言われる【心にぽっかり空いた穴】、傷心中の彼女の心の内をこう表現するのであれば応急処置的に穴埋めされた物体の形や大きさはだんだん冷静になるに従い違和感を覚えるのではないだろうか?
例えば丸い穴に三角の物体が入り込んだり、直径1メートルの穴に60cmの物体では物足りない。
もちろんピッタリマッチする場合も稀には有るかもしれないが確立は低い。
ここでふられた女の心理を考えてみよう。
原因はともかく、多くの場合その時は突然やってくる。

突きつけられた現実、さっきまでとは違う世界、崩れ落ちる夢、それらを簡単に受け入れる事の出来ない自分
羅列すれば数え切れない項目が並ぶが、その別れを望んでいなかった場合に一様に表現できるのは驚きと悲しみに襲われ、さらには寂しさに気が付くということではないだろうか?
これまでは一人ではないという心強さから得ていた自信も突然消え去り、一人ぼっちになってしまった心細さは言いようの無い悲しみとなって現れる。
言葉は悪いが狙った男からすれば格好の獲物であるに違いない。しかし、ここで簡単に落ちる女には注意すべき点がある。
そもそも遊びの恋愛ごっこでないのであれば簡単に次の相手など見つからないのが常識
だが、理由はどうあれ、ふられてまもなく次の男を相手に出来るということは、この女から見れば代用品に過ぎないかもしれないということだ!
また、ふられた原因をよく確かめもせず単純に男のせいにしてしまうのも危険でストーカー行為を繰り返したり浮気性の女と限らない訳でもない。
いずれにしても、ふられた女にうかつに近づくのは禁物。
もしも、それが同情から現れた感情であれば焦ることなくゆっくりと癒してあげたい。

真の出会いマスターは実績を自慢しない

ウェブ上で自称出会いマスターを気取っても簡単に信用する人は少ないだろう。
例えば何人と出会ってホテルまで行く関係になったとか
出会った相手とのツーショット写メを何枚掲載したところで僕ならそれを鵜呑みにはしない。

それではどの様にマスターを証明するのかということになるが
それはこれから語る女の心理学を読んでいただき、一つ一つを細かく実践した結果、出会いが実現したならその都度信じていただきたい。
もちろん理想の出会いを現実のものとするためにはそれぞれの個性やスタート時点での資質の違いも有るので
良くある【誰でもすぐに簡単に彼女を作る方法】などの煽り言葉は使わない。
しかし、ここで解説する事を着実に実行することで少なくともこれまでよりは出会いのチャンスを見逃す事は無いと断言できる。
また、当サイトで明かすのはあくまでも女の心理学であってモテ男になるための方法ではない。
もちろん、理解していただいた上で、それを生かすことが出来ればモテ男になることも不可能ではないがモテるための基本的なことは他の情報をもとに学んでもらいたい。
ちなみに自分のことを少し紹介しておくと
年齢は38才、身長166cm、体重は58kgの普通体型で腹は出ていない。
職業は小さな会社を経営しているが出会った相手にも狙った相手にも普通の会社員ということにしている。
以上の肩書きで接した方が余計な期待をさせる事もなく本来の出会いマスターを証明することが出来るというのがその理由だからだ。
もちろん僕の様な貧弱な条件ではなく背も高くてイケてる顔立ちの男性であれば心理学など学ばなくても出会い放題かもしれない
しかし、出会う事が目的ではなく、その後の付き合い自体が肝要と捉えるならば女性の心理を知っておいて損は無いということを付け加えておこう。